忍者ブログ

3月12日(月)  

今週も、はまかぜ通り商店街でお買い物やお食事など、よろしくお願いします。

まず、今日の福井新聞にドド~ンと載せていただきました。

どうもありがとうございます。

その、

はまかぜ震災復興応援ライブ

の報告です。

この1年間、福井県に住む私たちも、いろんな支援をさせていただきました。
義援金や物資の援助、被災地でのボランティア活動などなど。
しかし1年経っても、放射能の問題があってがれきの処理など進まないし、原電の問題は全国の発電所の問題になり、原発銀座と言われる若狭地方にとっては、この問題で経済に悪影響が出ています。
こんな中、改めてこの震災の事を考え、これからも各々出来ることを積極的に実行して行こう。という思いを、今回はライブの形で行いました。

はまかぜ通り商店街も、昨年の3月に、

小浜落語まつり

を開催した折、義援金を集めました。
ここをクリック!

今回も、

義援金のお願い(今月の寄席、来月のライブでもお願いしたいと思います)


チャリティCDの販売も行いました。
くわしくはここをクリック!


2時46分黙とうで始めました。


「レオ・バンド」でライブが始まりました。
おなじみ名田庄の喫茶店「ミスター・レオ」のマスターのバンドです。彼は、音楽の発展のために活動する、「NPO法人エリア0」の会長もされています。



今日が人前でやるのは初めての、青池調理師専門学校のY君。
緊張と気持ちよさを感じたでしょうね。
いいリズム感してます。



KAZUさん
新聞にもありましたが、KAZUさんが作った、
「虹のできた街のように~川北浩之詩集を歌う~」
というCDにも収録されている「悲しみは」などを披露。この曲は東日本大震災で出来た曲。詩を載せておきます。
悲しみは光になる
悲しみは力になる
悲しみは怒りになる
悲しみは未来になる




初登場のZAKさん。
ギターインスト演奏。
彼もブルーズとかが大好きなんですね。




ここで、オーストラリアから来られているKさんのスピーチ。
「日本に行くと言ったら、あぶないからと反対されたけど、私は日本に来ました。来て良かった。日本の皆さんも負けずにがんばって。」
もっともっと長いスピーチでしたが、こんな内容だと思います。
今日か明日にはオーストラリアへ帰られるようで、いい思い出になったと喜んでいらっしゃいました。息子さんがロック好きそうな話をしてくれましたが、英語がよくわからず申し訳なかったです。

ライブ後半の様子は、明日報告します。







PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。