忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



5月10日(日)

昨日の
「ちりとてちん寄席」
を詳しく報告します。


このように満員大入り!


最初に登場は「いちご家福助」さん。
お仕事が旅行関係なので、福助さん。中年以上は意味わかりますね?
「餅屋問答」を披露してくれました。この演目は3月のちりとてちん寄席で、林家竹丸さんが行なっていますので、
「何か聞いたことあるな?」
と思ったお客さんもいらっしゃったでしょう。
福助さん高座に上るのは7・8回目ぐらいとおっしゃっていましたが、大変落ち着いた様子です。多分お仕事でいろんなご経験があるのでしょう。
ちなみに、お茶子で参加してくれた「いちご家バルーン」さんは奥さんだそう。夫婦そろって芸達者ですね。

続いては、


「いちご家与太郎」さん。
この人との運命の出会いが今回の落語会を実現させました。

昨年秋に、与太郎さん夫婦と奥さんのお父さんお母さんの4名で小浜に観光に訪れたのです。もちろん「ちりとてちん」の大ファンである与太郎さん一家、ロケ地巡りをしようと、はまかぜ通り商店街をブラブラ。
そのころ私は、ある人(K氏)と「商店街の活性化は落語や!」と盛り上がっていました。そのK氏が私の店を出て100mほど歩いた所で与太郎さんと遭遇。
K氏「いらっしゃいませ。小浜にはどうして?」
与太郎さん「ちりとてちんのファンでして」
k氏「落語がお好きですか?」
与太郎さん「私も趣味で落語やってます。」
k氏「ええっ!ちょっと会わしたい人が・・・」
ま、このような会話が繰りひろげられ、与太郎さんが私のお店に・・・
このあとメールや、いちご会の勉強会に私が行ったりで今回の寄席が実現しました。
おもしろいですね。

さて与太郎さんの演目は「延陽伯」。
結婚を明日に控えた主人公が、バラ色の結婚生活を妄想する噺。
結婚相手の名前が異常に長い。という設定で、名前を言うだけで笑ってしまいます。

さて、寄席の後半お二人は明日報告します。


PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。