忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



1月26日(水)  

昨日からの続きです。1月23日開催の、

ちりとてちん寄席

の報告です。

桂文華さんの「初天神」が終わり、普通なら、ホッと一息のところですが、

また3人での座談会。
ここでは、大阪のおばちゃんの話。
小浜のおばちゃんも、話に参加してましたねぇ~。
そんな、大阪の中華料理店を舞台にした、

月亭遊方さんのオリジナル現代落語「飯店エキサイティング」
いかにも大阪のおばちゃんな奥さんと、大阪のお父ちゃん(どんなんや?)な旦那さんの経営する中華料理店での、お客さんがこのふたりのけんか的会話に圧倒されるはなし。
遊方さんて、とにかくしゃべりっぱなしですねぇ。前日に歓迎会(小浜で初めての落語祝い)を開催したのですが、その時も、寄席の間も、しゃべりっぱなしでした。しかも真剣にしゃべる。内容は面白くてこちらは笑いっぱなしなんですが、言葉で表現する事を大事に考えておられると感じました。さすが噺家さんです。
私と同じロックファンなのもGood

またまた座談会。

心なしか、疲れてませんか
それぐらい「どっかんぶらざ~す」はハイテンション
そんなトリを飾るのは鶴笑さん。
なななんと今まで30ヶ国で落語をされているという凄い人。それもお客様的に落語をやりに行くのではなく、笑いを忘れるような環境にある人の所へ行くわけです。昨年もイラクへ行かれた。そんな海外エピソードで座談会が進み、

落語がスタート。
今日はなんと古典落語とパペット落語の合体という大サービス。
まず「時うどん」
上の写真もそうですが、うどんをすする様子が面白い!
そして途中から、パペット落語「ゴジラ」に話が進んでいきました。
「パペット落語って
という方のために写真をたくさん載せましょう。

どうです。
ぜひ生で体験して頂きたい落語です。凄い!

次回の「ちりとてちん寄席」は、
日 時:2月20日(日)  午後2時~4時
会 場:はまかぜプラザ
入場料:1,000円
出 演:染寿丸(小浜で誕生した落語ユニット)
    林家
    笑福亭生寿
    桂福
    
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。