忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



11月23日(勤労感謝の日)

今週も、はまかぜ通り商店街でお買物、お食事などよろしくお願いします。

昨日は、

ちりとてちん寄席

を開催。
満員御礼!
よさこいのイベントと重なってしまって(よさこいの審査員もお願いされたのですが、申し訳ない)気になっていたのですが、どちらも満員で一安心です。

今回の出演は、
桂文三さん、笑福亭右喬さんです。


最初は、笑福亭右喬さん。
ちりとてちん寄席には、今年2回目の出演。他の寄席も含めてよく小浜に来ていただいています。

まくらで、
「私アホです!」と言い出され、どうリアクションしようかと思ってますと、「みかん屋」が始まりました。にわかみかん屋さんがみかんを長屋の皆に売る噺。この主人公がそんなキャラなのですね。
これは中々商売人としては、参考になる内容でしたよ。

続いての登場は、

桂文三さん。今年文三を襲名されました。
その記念に、「ちりとて落語の会」で高座のバックにすてきな作品を飾っていただきました。
小浜を代表する書道家、竹田さんの書です。


1席目は「四人ぐせ」。
目をこする男、鼻の下をこする男、袖を引っ張る男、手を打つ男。
こんな癖を持つ4人が、自分の癖を出したら、罰金を取られる噺。
これは面白い!。今までのちりとてちん寄席の中でも最高級の面白さです。
文三さんの表現力すごいですね。落語は喋りだけやないのがよくわかりました。

中入りを挟み2席目は、
「高津の富」。富くじが当たる噺です。ここでも番号を確かめて、当たりと気づくところの表現が良かったですよ。

お二人共、ぜひまた来て下さいね。楽しい寄席となりました。

次回は、
日 時:12月20日 午後2時~
会 場:はまかぜプラザ
入場料:1,000円
出 演:笑福亭生喬さん 笑福亭生寿さん
で行ないます。
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。