忍者ブログ

11月3日(日 文化の日)  emojiemoji

今日の小浜は、お昼頃から雨が降り始めました。

文化の日という事で、小浜市文化会館では、小浜市文化協会に所属する団体の発表会が開催されています。


秋らしいデザインのパンフレットですね。

私も見たい団体がいくつかあったのですが、店番がいないので店から出られない・・・
FBにいくつか投稿があるので、それを見てます。

このパンフレットにある、会長あいさつ文を読むと、
今年で54回目の開催である。
いろんなジャンルの枠を超えて協力出来ている。
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨として、文化の日がさだめられた。

とあります。
勉強になります。

さて、話は変わり、昨晩は


小浜市議会 議会報告会に参加しました。

まずお勉強。

昨年12月28日に、小浜市議会基本条例が制定されました。
その前文

 小浜市議会は、地方自治制度における二元代表制の一翼を担う小浜市の意思決定機関として、憲法に定める地方自治の本旨の実現を目指すものである。
 議会は、地方分権の進展により自治体の自主的な決定と責任が求められている中、市民への情報公開を積極的に果たし市民参加を経るとともに、多様な市民の意見をもとに議員間の討議を重ね、合議制の議事機関として市政の課題に取り組むことが重要である。
 このような情勢を踏まえ、議会は、地方自治法の遵守とともに、議員の自己研鑽と資質の向上、議会の透明性や公正・公平性の確保のもと、本市のまちづくりを推進しなければならない。
 議会は、ここに市民とともに歩む開かれた議会を実現するため、小浜市議会基本条例を制定する。

で、条例の内容は前文を踏まえた内容ですが、シビアな問題(議員定数や報酬など)は別条例で定めることになっています。

この条例で1番うたってるのは、市民の声をより多く聞くことと、議会の情報をより公開することの2点ですね。

そこで今回の報告会。初めての開催でした。


会場は、小浜公民館(若狭ふれあいセンター)
他にも、中名田公民館と加斗公民館で同時開催されたようです。

議員は、富永議員、藤田善平議員、下中議員、宮崎議員、西本議員、能登議員の6名。
市民参加は35名ぐらい。

前出の条例など、議会改革の取り組み
防災について
9月定例会について
その他、意見交換
の4本柱で報告や意見、質問、要望がありました。

6名中5名の議員が、まちの駅や旭座、西組重伝建地区の整備を討議した、観光まちづくり会議に参加されていましたので、最後はその話題に。
議会の中にはこの件に関して反対の議員が多いと聞いていますが、昨日の発言を聞いていると、反対というより心配してるという印象をもちました。
なにが心配かというと、市民と観光客の両方を満足させなくてはいけない事と、完成後の運営。
また、観光まちづくり会議の持ち方や進め方など、内容以前の部分で反対が多いのもわかりました。

ただ、残念だったのは、まさに今日文化の日の趣旨、
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
旭座が保存活用されることで、小浜の文化をすすめるという志を語ってくれる議員がいなかった事。
みなさん、現在の文化会館事業で十分だと思ってるんでしょうか?

最初に書いた、第54回小浜市総合文化祭のテーマは、

文化があれば地域は残る

です。
地域文化の拠点となり、しかもちょうどいい規模の旭座を活用することで、小浜は元気になります。



さて、音楽です♫
文化の日にふさわしいバンドがいないか考えましたが、
カルチャークラブしか思い浮かばないのでやめます(笑)

今日はこっち



文華の日


今年も、あっという間にチケットソールドアウトだったようです。







PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[12/15 Mallory]
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。