忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



5月15日(日)

今日は、午前中仕事。午後は落語で商店街の活性化のディスカッション。夜は市長の市政報告会。
と、めまぐるしい1日でした。ひとつひとつ、もっと深く関わりたかったけれど、不思議と重なるものです。

午後の会議は、大阪府池田市で「笑ってまちおこし」を実践されている、堀登志子さんの講演と意見交換。
はまかぜ通り商店街も「ちりとて落語の会」の皆さんといっしょに、落語で商店街の活性化を実践しています。

池田市には宝物がいっぱいあります。
阪急電車の創始者宅があり、インスタントラーメン発祥の地であり、落語になじみ深いまちである。と。
ここでは落語にしぼって話すと、桂三枝さんの家がある。「池田の猪買い」など、落語の演目によく池田が出てくる。

そこで、行政は、

商店街に「落語ミュージアム」なる施設を作った。
行政だけだと、ここで終わるわけですが、堀さんはここから落語を利用して商店街を元気づけようと考えた。

キーマンは、商店街組織ではなく、元気な個店と大学落研メンバー。
「おもしろそう
「人前で落語をしたい」
と思った人々を集め、堀さんがアイデアをだし、やってみる。
やればなにかしら気づきます。
大阪ですから笑いに対するのりもすごいでしょう。

こうやってまちに賑わいと連携ができます。
すばらしい。

みんなが楽しむ。
みんなに得るものがある。

同じように活性化に取り組んでいる者として、喜びも苦労もよくわかり、突抜けた行動だから前に進めるのだな・・・と、納得。

まだまだ小浜を元気にする材料と方法がありそうです。
ハッピーハッピー
PR


【ありがとうございました】
小浜のパワーに元気をいただきました。ありがとうございました。
小浜には池田にないのりと連帯感と…おもろい方々にであえました。私もいろんなこと勉強させていただきました。ありがとうございます。
何をやるにも、大事なのは人であり、楽しむ心や思ってます。これからが楽しみです。

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。