忍者ブログ

6月24日(水) emojiemoji  

今日はまじめな話。

ここ数十年、小浜にとって減点対象な建物が、JR小浜駅前にある、

はませんビル

この建物、「はませんデパート」としてオープンしたのが、私が小学校3年生の頃らしい。

ということは46年ぐらい前にオープンしたという事になる。

よく50年が建物の節目と言われる。

つまり建て替えのタイミング。

しかも、耐震というハードルが厳しくなったので、50年前の建物は構造的にもやばい。

この建物は、小浜市民。いやもっと広い嶺南地方にとって、完成時夢のような場所でした。

屋上を入れても4階建と、今ではどうと言う事のない建物ですが、完成時は超高層ビルであり、小浜で初めてエスカレーターがあるという、超都会的な建物。

しかも、

デパート

という響きは、わくわくさせるもの満載でした。

私も、ほぼ毎日行きましたね(笑)

地下はスーパーマーケット。

と言うことで、当時子どもだった私にはあまり興味のない場所。

1階は、よく覚えてないけど、たぶん小浜の名産品中心の構成だったんじゃないかな?

若狭塗りの商品や、めのうなど。

2階は、ハーレムでした。おもちゃ売り場がありましたから。

3階もわくわくする場所でした。

そう食堂。

はませんデパートの食堂でパフェを親と食べる情景は、今でも鮮明に覚えています。

そして屋上は、遊園地!

こんな、ドリームランドが、やがて経営に行き詰まり、建物内に空き店舗が目立ち、やがて閉鎖される。

その後も、行政、会議所が空き店舗対策で主に1階を利用したりしましたが、ここ10数年、完全な幽霊ビルとなっていました。

しかも景観が悪い。

駅前が台無しでした。



さて、現在、

松崎小浜市長がよく言われる話があります。

それは、

「北陸新幹線が敦賀まで開通するのは、8年後。でこれは確実。」

という事。

敦賀以西のルートも、この1~2年で決めてもらわなくてはいけません。

もちろん若狭ルートで。

そして、8年後に小浜に観光客を呼び込むためには、もう始めなくてはいけないことがいっぱいあるんだと思います。

そのなかでも、はませんビルの解体は最重要な課題です。

とりあえずあるうちはきれいに。

という発想で、1階と3階がきれいになりました。

今後、解体に向けてスピードアップするように市民運動を展開しましょう。



さて、音楽です♫

今週は、



このライブを記念して、

私の好きなアコースティックミュージックを特集しています。

今日はBLUES。

BLUESという音楽は1920年代頃に最初のブームをむかえ、その後紆余曲折ありながら、現在も多くの人々に愛されてる音楽です。

スーパースターは、先日亡くなられた、B B KINGです。

そして、私が1番影響を受けたのが、マディ・ウォーターズ。

彼の作品はいっぱいありますが、バディ・ガイがアコギを弾く「フォーク・シンガー」という作品は、元祖アンプラグド!な作品で音質も大変良くて、ブルーズをオーディオファンにも広めた作品。

そこから1曲聞いてください。



Muddy Waters   Cold Weather Blues












PR


【えーーっ】
3階 いつ綺麗にされたんですかーー?
教えて欲しかったーーー(+_+)(+_+)
一緒に蔦を取り除きたかった(+_+)(+_+)(+_+)
【なぞ】
誰がしてくれたのか。
わからないのであります♫
【すみません!!】
そうやったんですかー!!申し訳ありませんでした。
しかし、残念でした。また、考えますね。有り難うございます。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[06/25 ユメノナオキ]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。