忍者ブログ

8月15日(火) emojiemoji 

秋っぽくなったというか梅雨っぽいというか、はっきりしないお天気。

東京は毎日雨みたいですね。


さて、1週間ほど前に、1980年代のフェンダー・テレキャスターを預かりました。

リアPUの音が出ないので修理してほしい。との事。

原因は、配線のハンダ不良だったんですが、直して、音は正常に出るんだけど、リアPUに触ると音がおかしくなる。

どうもコイル内でショートしてそうなので、リアPUを交換しました。

予想通りで、無事いい音が出てきました。


奥田民生さんのサイン入り。


5弦ギター仕様。

特にネックはいい材が使われてます。





さて、音楽です♫

もう、5弦テレキャスターとなると、キース・リチャーズ!


The Rolling Stones     BROWN SUGAR

昨年のキューバライブ。

観客120万人(1回のライブで)とかいうとんでもないもの♫






1
PR


6月28日(水)  emojiemoji 

今日もいろいろありました。

最後は、

Barrel

のリハ。

いつものように、ほとんどしゃべって練習はちょこっとですが、いろいろ試してはいるんですよ。

ギターサウンド♫


山岸竜之介くんが、今年名田庄に来た時、そのギターサウンドの良さに衝撃を受けたのであります。

特にディレイ系。

普段やってるブルースは、どちらかというとリヴァーブ系があればOKなんですが、そこにディレイも使う。

もう微々たる量だけどね。


そういえば、Anythingのキーボード担当のかなちゃんから、この曲やりたいとグループメッセに動画がきた。

聴けば、もうディレイを積極的に使ったイントロだ。


ちょうどいい教材だ。



もちろん、この手の奏法の第一人者は、U2のボノさん。

この気持ち良さは格別です♫












5月9日(火)  emojiemoji

今日はマニアックな話。

調整の為に預かってる、Fender 65 Twin Reverbの最終調整をしました。


2度目の御開帳。



2つボリュームのようなポットが写ってますが、右が6.3Vの真空管の電源用に繋がってるバランサー。

これで、3.15v+3.15vをきっちり出すと、アンプの残留ノイズが1番少なくなります。

ちなみにギターアンプは正常でも聞こえるノイズがあります。

少々のノイズは気にしないようにしましょう。


左のポットは、パワー真空管のバイアス調整用。

-50v前後が、ツインリヴァーブの最適値。

真空管を交換するような場合は、もう少し細かくバイアス調整したほうがいいですね。

電圧とカソードという端子を流れる電流などを見ながら。



このジャックはスピーカーコードが繋がれるところ。

ここが気になったので調整。

ここが音切れの原因だったかも。

これで調整終了。

もう20年ぐらい使われてるアンプなので、真空管をすべて新しくしてもいいですね。

ま、今の状態でも音はバツグンです!

ただ時たまノイズがでるので真空管が原因かもね。



さて、音楽です♫

Twin Reverbを使ってるギターリスト。。。

ギターアンプでは1番有名と言っていいアンプですが、あまりに普通で思い浮かばないぞ(笑)

という事で大御所に登場願います。










3月31日(金) emojiemoji 

月末、年度末、忙しい。

こんな時に、なんちゃらフライデーで早くに仕事切り上げてる会社があるのでしょうかね?

とか言いながら、忙しいときに限っていろいろやりたくなる(笑)

ギターリストは無性にピックアップを替えたくなる時があって、今日がそうでした。


元々のテレキャスPUをハンバッキングPUにだいぶ前交換した。

なんで交換したかと言うと、特に理由はなかった(笑)

キース・リチャーズのまねをしたかった。程度の事。

いい音だったけど、シングルPUの音が懐かしい。

でも、テレキャスよりストラトの音の方が好きだなということで、無性にストラト用のPUに交換したくなったわけです。

セイモア・ダンカンのSSL2というPUに交換。


1999年2月7日に完成したギター。

もう18年も経つのか。。


PUのサイズが小さくなったので、こんなふうにしました。

カッコ悪いぞ(笑)


完成。

夜の9時に始めて、4時間かかった。半分呑んでましたが。

こんな作業は慌てないのが大事です。

音は思ったよりトレブリー。だんだん枯れてくるでしょう。




さて、音楽です♫

こんな音が出てほしい。










1月19日(木)  emoji

今日から仕事に復帰。

入院中から連絡をいただいてた補聴器のお客様宅へ。

補聴器の調整を済まして帰ろうとすると、

「ギター持って帰って。」

とおばちゃんが言い出した。

もちろん以前から、ギターの話はしていたのですが、


こんなりっぱなギターでした。

大事に使いましょう。


長らく使われていなかったギターは、まず掃除、磨きからスタート。

このギターもたばこのヤニが汚れをよんでそうとうな状態でした。


特に指板は徹底的に掃除。

オレンジオイルと紙やすりで汚れを取りました。



ボディも磨くときれいな杢が出ています。

シリアルからいくと1982年製なんですが、いい木が使われています。



新しい弦を張りつつ、ネックの調整。

トラスドットを1/4ほど締めて、ネックのソリを補正。


調整も終了し、いよいよ音だし。

なかなかエアー感のあるいい音がでました。

ネックも太く私好み。

これから使います。



さて、音楽です♫

ヤマハのSGというと、カルロス・サンタナ、高中さん、野呂さんなどなど思い出されますが、今日は子どもバンド!









10月9日(日)  emojiemoji 

連休とは言え仕事の毎日でパッとしないのですが、夜は夜で曲を覚えるのに必死です。

ライブが近い。



(このオープンもライブします♫)

と言いながら、以前高浜のラスク屋さんから預かったスピーカーを改造していました。

不思議なスピーカーです。



音が悪いんです(笑)

そんなはずないものだけど。

なんでだろう?

他のスピーカーに比べて低音が出なくて、高音にピークがある。

てな感じなんですが...



こんな場合、中を見ると手抜きが見つかったりするのですが、しっかり作ってあります。

吸音材も入ってるし。(高音のピークに効くはず)

しかもユニットは、私の1番好きな、セレッション・ビンテージ30だったりします。



とりあえずジャック周りをシンプルに配線しました。

ちなみにジャックは、昔マーシャルのスピーカーボックスに使われていたものを使いました。

でもマーシャルの音にはなりません(笑)

あたりまえですね。

大きな音が出せないので何とも言えませんが、少しはましになったかな~

ほんとは後ろに穴開けてオープンバックのボックスにしたいところですが、私のものではないのでここまで。


さて、音楽です♫

「わかさかんたーれで思い出したミュージシャン」

わかさかんたーれの出演バンドの演奏を聴いていて、頭に思い浮かんだミュージシャンを特集しています。

1回目、GEBOKIN syndicateで、Randy Crawford。

2回目、Emotionsで、Earth Wind & Fire。

今日3回目は、Blue Filmを見て、

Freddie Kingを思い出しました。

ヒロマンさんの腰回りがFreddie Kingと似てたんです。

ではどうぞ♫



ご機嫌ですね!

もう一曲名曲をどうぞ♫


Same Old Blues






7月19日(火) emojiemoji 

今まで楽器と言うブログのカテゴリーが無かったのが不思議です。

自分でも。

今日、楽器というカテゴリーをつくりました。

これまでもいろいろ書いたのに(笑)

と言うことで、今日の話題はウクレレ。

ロックさんから、Martinのウクレレが持ち込まれました。

「ブリッジが飛んだ!」

というなかなか悲惨なトラブル。

でもウクレレは結構あるトラブルのようです。

なんせMartin製なんで修理も緊張します。


紙やすりの上のブリッジ君。

まな板の上のコイ状態ですね。

残ってるボンドを取ります。


ボディも同じ処理。


ボンドはこの世界のちょー定番、Titebond。

ほとんどのメーカーが使っています。


しばらく強制的に固定。

ギターと違って小さいので、なんか痛々しい。


強制固定も終わりました。

ほぼ乾いていますが、もう少し弦を張るのは待ちます。

またいい音で鳴りますように!


さて、音楽です♫

私はウクレレを弾きません。

のでウクレレミュージックはあまり聴かないのですが、

「ウクレレも良いな!」

と思わせてくれたのが、ジョージ・ハリスンです♫









[06/25 ユメノナオキ]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。