忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



10月13日(月) emojiemoji

忙しくも楽しい週末でした。

なのでブログを書くひまがありませんでした。

今日ももう夜、台風を待ちながらブログを書きましょう。

全国女性落語大会

これほど、計画段階から当日まで紆余曲折のあるイベントもないですね。

私けっこういろんなイベントにかかわらせてもらっていますが、すんなりといかない、プログレッシブロックのような大会です。

今回の大会もいろいろとありましたが、ようやく私たちのやりたい大会のひながたがが出来た!という感触がありました。



表彰式後の決勝進出者と審査員による記念撮影。





今回82名だったかなぁ?たぶん過去最多の応募だと思います。

結果的にキャンセルがあり74名が予選会に臨みました。

私は予選第2会場の責任者と言う重責。


予選前の第2会場。なんか凛とした空気が流れておりました。


予選中は、主に出場者の出入りの管理をしてましたので、こんな場所から落語を楽しんでいました。

名びらは地元の学生書道部に書いてもらいました。

今大会は予選出場者を大事にしたい。つまり参加者全員に少しでも長く落語をしてほしいと思い、6分から10分に演技時間を延ばしました。

そのために、会場を2会場から3会場に増やし、75名程度を想定して準備しました。

結果的にそんな人数におさまりましたが、約4時間半という長時間の予選。

審査員の皆様、お茶子の小中学生をはじめスタッフの皆さん、大変かと思いましたが、落語のレベルが高くて皆さん結構元気に予選を終了。



いよいよ(笑)交流会♫

M君の司会ではじまりました。うまい!
会議であやうく交流会の司会に決まりそうになったので、勇気をふりしぼって
「ゆっくりビールを飲みたい」
と言ったら、M君が立候補してくれた経緯がありまして、おかげさまでゆっくりビールが飲めました。お料理もすばらしかったです。

でも出場者はゆっくり飲み食いできないかもです。

この交流会の中で、決勝進出者が発表になるから。


そして発表!!!

参遊亭遊若さん

五月家けい都さん

五月家ちろりさん

尼乃家河鹿さん

こそだ亭舞扇さん

山笑亭こよんさん
 

  

おめでとうございます。写真に河鹿さんがいませんが、予選終了後地元のお祭りのため帰られたとのこと。翌日とんぼ返りで決勝会場にいらっしゃいました。

さて、9時過ぎに交流会は終わりました。

しかし女性落語大会の夜は終わりません(笑)



はまかぜプラザにこれだけおば・・  おねえさんが集まって懇親を深めておられます。

M見さんと私で遠目に監視してますと、たま~に誰かやってきて相手をしてくれます。

しかし楽しそうでしたわ。日が変わったころにぼちぼちとホテルに帰られました。

1日目終了♫


決勝当日の朝は、


恒例のこの寄席。

年々出演者も増え、レベルも凄くて楽しいですよ。


こんな人もいました。

なんか1ヶ月前もここにいましたよ。本人は、松たか子と言ってました(笑)


そしていよいよ決勝!!!


開始前から熱気が予選とはあきらかに違います。

この決勝の日は、はまかぜ通り商店街で「やさしさいっぱい!まちなか夢通り2014」が開催されており、こちらもかかわっていましたので、フリーな立場で裏方をしようと思いましたが、お昼ご飯を食べようとスタッフ控室に行くと、応援に来てくれた看護学校の生徒さんがいらっしゃったので、彼女達の担当をすることにしました。


彼女達のミッションは、ワッハメーターという笑を数値化する装置の実演です。

写真には写ってませんが、首に装着したセンサーが「は」に反応して、その回数がスマホに表示される装置です。

さて、いよいよ決勝でしたが、私は商店街に戻らなくてはならず、再び決勝会場に戻ると、審査発表でした。

おめでとうございます!


1位 五月家ちろりさん

2位 こそだ亭舞扇さん

3位 尼乃家河鹿さん

4位 五月家けい都さん

みんなの落語を早くDVDで見たいもんです。

今回は最初にも書いたように、ようやくやりたい形の大会ができました。

それは、日本一を決める落語大会という威厳のあるもので、出場者が大会に集中できるもので、小浜らしさがあって、あたたかいもの。

NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」の放送から始まった、おばらく(小浜で落語)は、はまかぜプラザを拠点に、プロ、アマ大勢の落語家さんと交流が持てるようになりました。

全国女性落語大会出場者の何人かは、年に何回か小浜に来られて、寄席をしてくださっています。

全国こども落語大会実行委員会の3名様が、宮崎県日向市から、3月の小浜落語まつりにご遠方の所参加していただき懇親を深め、7月の全国こども落語大会には、小浜から日向市に2名派遣し、今回の大会には、宮崎から多くの賞品を送ってくださいました。

敦賀落語の会さんからは、高座の道具をお貸しいただき、福井染二の会のM永さんご夫妻には2日間いろいろとスタッフとして協力していただきました。

こんな落語による交流が小浜の目指すところです。

皆様ありがとうございました!

さて、大きな大会も終わり、N村おじさんと私は、自分にご褒美を。



決勝総合司会のNHK福井平山アナと記念撮影。





PR


【深謝】
無口でおとなしくしておりましたもので、
私の印象なんて残ってらっしゃらないかとは思いますが、
はまかぜプラザに深夜までいたものの一人です。
おかげさまで今年も楽しく×楽しく×楽しく
ちりとてちん杯に参加いたしました。
本当に心から歓迎していろいろ考えて下さったことに
感謝いたします。
また、来年も来るなといわれても来ますからね!
追伸:ビールをめぐんでいただきありがとうございました!!
【ありがとうございました】
ゆ乃月さん、どうも2日間、小浜をにぎやかにしていただきありがとうございました。

楽しんでいただけて良かったです。こちらも楽しませてもらいましたし、感動もありました。

昨晩、実行委員会の会議と打ち上げがありました。

とにかく早く次回開催日を決める事になりました。

また、アンケートの回答を参考にいろいろと改善していきますね。

来年もよろしくお願いします。
【ありがとうございました!】
もう一週間経ってしまいました。
夢のような楽しい二日間でした。
今回も大変お世話になりすぎて申し訳ありませんっ!?
皆様のご苦労が有っての大会ですね。
これからは盛り上げ係りとして(?)
皆様のお手伝いをさせていただきますので
遠慮なくこき使って下さいませ!!
ありがとうございました!!
【おめでとうございます】
ちろりさん、日本一おめでとうございました。
>
>小浜市主催になって1番上手いことできた今回の大会で、ちろりさんがグランプリは、私たちも大変嬉しゅうおもいます。
>
>また、参加者の懇親もかなり深まりましたね。これはちろりさんの力が大きいですよ。
>これからもよろしくお願いします♫
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。