忍者ブログ

5月11日(木) emoji 

今日もマニアックな話。

ギターの調整とかリペアーとか好きで頻繁にしてる。

1番多いのがナットの交換。

理想の弾きやすさを求めての事。

ま、もう少し弦高を下げたい。と、ナットの溝を削ってて、削りすぎて1フレットに弦があたっちゃって交換する。

という、ちょー素人リペアの結果が多いのですが(笑)

ま、ナット自体は700円ぐらいのものなんで、金銭的にも弦交換と同じ感覚でできます。

ピックアップの交換とかになると、1万円前後になるので、エフェクターを買うのと近い感覚で、そうそうできない。

今日は、ストラトキャスターのナットを交換。

このギターが1番替えてる。

よく弾くし、アーミングで他のギターより減りやすいこともありますが、ストラトのナットの弦溝の位置決定が1番難しい。

ストラトキャスターは1弦、6弦が弦落ちしやすいと言われています。

弦落ちと言うのは、弦を押さえたときに指板の外に弦が滑って音が鳴らなくなる症状。

私のストラトはネックが細いので余計なりやすい。

そうならないように、ナットの1弦、6弦の溝の位置は、他のギターより中につけています。

この位置決定が微妙で、しかも一回溝をつけると、位置を変えることができないので、一発勝負。

今回は3弦の位置がイマイチか。

まだまだ修業が続きます(笑)


はまかぜライブ

5月14日(日) 15:00~

セッション大会

詳しくはここをクリック



さて、音楽です♫

最近のバカテクギターリストの多くが、ナット付近で弦をミュートしてるんです。

ライトハンド奏法の時とか、かなり音を歪ませてるからノイズが出やすいので、その軽減が目的みたいですね。


凄いね!








PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
[06/28 はまかぜ音楽理事]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。