忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



12月14日(火)

12月も半分過ぎようとしています。
この時期になると、ランキングもの、
「〇〇ベストテン」
みたいなのがよく発表されますが、
今日朝の番組「とくダネ!」の最後に、
「ビートルズの全曲ランキング」
の話題が出ていまして、

 ストロベリー・フィールズ・フォーエバー
 ヘルプ!
 ヘイ・ジュード

 イン・マイ・ライフ

 レット・イット・ビー


となっていました。

私もやってみましょう。解説つきで。

 アクロス・ザ・ユニヴァース
アルバム「レット・イット・ビー」の3曲目。
作詞作曲:LennonーMcCartney
歌:ジョン・レノン
録音:1969年1月
なかなか宗教ぽい詞ですが、「ナッシングス ゴナ チェンジ マイ ワールド」というサビの詞をはじめ、すごい響のいい言葉が多くて好きですね。後期のビートルズはぶ厚いアレンジが特徴ですが、ほぼアコギの弾き語りというシンプルさも〇でランクイン

 ハロー・グッドバイ
アルバム「マジカル・ミステリー・トゥア」の7曲目。
作詞作曲:LennonーMcCartney
歌:ポール・マッカートニー
録音:1967年9月
タイトルが面白い。歌詞は別れの話だけど、思いっきり明るいサウンドが〇。いきなり歌から始まるのもビートルズらしいですね

さて、ベスト3の発表で~す。

 ヘイ・ジュード
この曲はシングル盤のみで当時発売されました。
作詞作曲:LennonーMcCartney
歌:ポール・マッカートニー
録音:1968年6月~7月
若い頃は一番好きな曲でした。回数では1番聞いていますね。
この曲、後半は魂の開放モードになりますよねえ。ここを中心に1時間ぐらい、この曲をライブでやってみたいなぁ。

 ア・デイ・イン・ザ・ライフ

アルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の最後を飾ります。
作詞作曲:LennonーMcCartney
歌:ジョン・レノン
録音:1966年12月
このアルバムはコンセプトアルバムのはしりで、1曲目から12曲目まで物語のように進んでいきます。そして13曲目のこの曲は、祭りの後っぽい感じでスタートして、最後は意味不明の言葉で終わりますね。何が言いたかったのか・・・またジョンとポールの2部構成になった曲で、合作って感じがよい。

さていよいよ、

 アイ・アム・ザ・ウォルラス

アルバム「マジカル・ミステリー・トゥア」の6曲目。

作詞作曲:LennonーMcCartney
歌:ジョン・レノン
録音:1967年9月
なかなか過激な歌詞ですよ。この曲の好きなところはふたつあります。
1.ジョンの歪んだような声がすき。
2.ロックミュージックにバイオリン等のクラシックの弦楽器を大々的に導入したのは、ビートルズですが、この曲が1番凄~い

30代から、ジョン・レノンの声が好きになり、ビートルズの好きな曲が変わりました。
今回のベスト5は、中後期の曲ばかりです。
毎日のようにビートルズの作品を聞きますが、アルバムとしては中期が好きかな。
「ラバー・ソウル」
「レボリューション」
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
「マジカル・ミステリー・トゥア」
あたりです。


 
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。