忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



5月6日(土) emojiemoji 

ゴールデンウィークも終盤になってきました。

今日も昼間はまじめにお仕事。

夜は、Cafe watotoへ。


ヤマモトケイジさんのライブ

以前にもwatotoでライブをされたようですが、それは行けてない。

と言うことで初めて聴きました。

岡山から、バンドメンバー4名も来てくれての演奏。

watotoのどこがステージになるのかと思いきや、ど真ん中でした。

私が到着したのは開演時間の10分前ぐらいでしたが、うまいことにギターリストのすぐ横の席だ空いてたので、そこでゆっくり聴かせてもらった。

興味は機材にいきますね。


ギターは、フェンダーのテレキャスとストラト。

どちらも新しく見える。

特にストラトのカラーがいい!欲しい(笑)

アンプもフェンダーのデラックスリヴァーブ。

これも欲しいな。


エフェクターボードも素敵です。

こんなの憧れますね。

真ん中あたりのコードがいっぱい刺さってるのがスイッチャーというのかな、いくつかのエフェクターを選択して音作りができるもの。

木製のボードも、このカフェにすごくマッチしてました。


ヤマモトケイジさんはギルドのアコギ。

これもしぶい。


今回は「カルン」という新譜の発売記念ツアーなんだけど、小浜だけバンドと一緒であとはひとりでのライブらしい。

watotoさんの力やな~


さて、ステージはこんな感じ。

ヤマモトケイジさんは、CDイラストと同じ帽子で登場。

楽しいトークを織り交ぜつつライブはすすみます。

オープニングの曲のイントロだけスライドギターが入り、私は歓喜しました。

リトル・フィートなかんじ。

そういえば、サザンの桑田さんはリトル・フィートの大ファン。

そんな事思い出すオープニングでした。

民家ライブということで、普通よりかなり音量を下げての演奏だと思われます。

これ、難しいんです。

エレクトリックなバンドはある程度の音量が欲しいもんです。

バンドメンバー緊張したと思いますよ。

最後の方で、ドラマーが普通に叩いた曲があったんですが気持ち良かった。

心地いい歌声とサウンドですが、歌詞は深そう。

CDを繰り返し聴いてみよう。

さっきリトルフィートの話をしましたが、ヤマモトケイジさんの歌は独特なもの。

誰々風という没個性なものではないですね。


watotoライブの謎は、若い女性が多い事(笑)

今回のライブも、私がダントツで最高齢な感じ。やな感じ(笑)

そんな20代、30代の女性にピッタリくるヤマモトケイジさんの歌でした♫















12
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。