忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



5月2日(土) emoji  

1週間快晴が続いています。

日本海側では結構珍しいんじゃないかな?

明日もいいお天気が予想されています。

そんな5月第一日曜日は、



はまかぜライブを開催します。

ぜひ来てくださいね♫


そんなミュージシャンが、直接的、間接的に影響を受けている、まさにレジェンド、BBキングの病状が心配です。

4月上旬に入院されたようですが、今日のFBに心配な情報が上がっています。

今年9月で90才をむかえるわけですから・・・

BBキングとの出会いは、大学1年生の時。

ハードロック少年だった私に、大学で入った軽音楽部の先輩が、

「ギター弾くんならブルーズを聴かなくちゃぁ」

と助言してくださいました。

で、私は、

「誰を聴くといいですか?」

と聞きます。

「そら、BBキングや」

と教えてもらいました。

1979年ぐらいです。

当時のブルーズの状況は、けっしてよくなかったです。

ギターは益々テクニカルな方向に行き、早く弾く、難しいフレーズを弾くギターリストが注目を集めました。

そんな時代にBBキングの曲を聞くと、あまりにシンプルで、正直ピンときませんでした。

むしろ、歌が上手いな!と思ったものです。

そして大学を卒業した頃、

スティービー・レイ・ボーン

がデビューしました。

しかも、ぜんぜんブルーズじゃない、デビッド・ボウイの

「レッツ・ダンス」

というディスコティックな曲の間奏が注目を集めました。

まさにみんな忘れてたような、ブルージーなものでした。

そして久しぶりにブルーズブームがおとずれたんです。

ブームになると、廃盤になっていたような作品も再発され、ブルーズがロックファンに深く入り込みました。

そんな時、

「やっぱりBBキングやね」

ということになります。

タイトル忘れましたが、人気テレビドラマの主役の部屋に、BBキングのポスターが貼ってあったりしましたよ。


彼のギターで私が印象的だったのはチョップ奏法。

ひとつの音を出すのに全部の弦を弾くような奏法。

と言っても出したい音以外はミュートしています。

よくキメの音で使います。

それとひとさし指のビブラート。



この映像は1993年ですが、当時年間300回ぐらいライブをやってたそうですから、ほとんど毎日ですよ。

そんなパワフルなキングですので、頑張ってほしいな♫




PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。