忍者ブログ

6月30日(木)  

梅雨が明けたような天候の小浜です。

このすばらしい日没は、
小浜市田烏にある、若狭湾青少年自然の家
昨晩はここでLIVE

いつもお世話になっているKAZUさんに誘われて、昨年に続き参加しました。
愛知県の扶桑北中学校2年生とKAZUさんの交流は、なんと21年目だそう。毎年ここで音楽を通して交流されてきました。すばらしい。


そこに、こちらも長年KAZUさんと交流されている、韓国南ソウル大学の安先生をはじめ約30名の学生が、約1週間かけて豊岡市~小浜市まで自転車で移動しながらごみ拾いをして、地域の人々と交流し、自然の家に到着。これまたすばらしい活動ですね。
韓流のイケメン&美少女の登場は、特に美少女は私のテンションを上げます。

扶桑北中学のホームページに詳しく載っているのでリンクさせてもらいましょう。

最初は扶桑北中学の各クラス合唱の発表。


そして、全員での合唱。ここをクリック!

いよいよ私たちの出番
ここをクリック!
黄色のTシャツを着ている皆さんが、南ソウル大学の皆さん。

今回は8曲。
1曲目は、「初めて来た海」。KAZUさん作詞作曲の歓迎ソング。
1番の歌詞をご紹介しますね。
トンネルを抜けると 広がる海の 青さが
目映いほどに ひとみに 映る
初めて来た海なのに 風がやさしいね
寄り添ってる この村の 屋根かわらが 光る
きみと出会った この時を 大切に


2曲目は、「花と語りて」。
詞 きごし和夫さん 曲 KAZUさん  黄金コンビです。

もう手拍子が来ました。約200名居ますからなかなかの迫力。

3曲目は、「生き生き若狭湾」。
この施設のテーマソング。

4曲目5曲目は「ジャンプ ジャンプ」「自動ドア」。
どちらも、詞 川北浩之さん 曲 KAZUさん
このコンビの曲17曲を収めたCDがまもなく完成。
少し聞かせていただきましたが、傑作です。
ここをクリック!

ここで、南ソウル大学の皆さんが、1曲韓国の歌を披露してくれました。
ここをクリック!
音楽に国境はありませんね。

そして、1番大事な曲へ、
6曲目「海は人をつなぐ母のごとし」。 詞曲KAZUさん
KAZUさんの住む、小浜市の泊で、約110年前にあったはなし。
ここをクリック!

この出来事を伝える曲です。

海は 人をつなぐ
海は 人をへだてない
やさしい 母のような
大きな海


という歌詞で始まる大作です。
この曲を、日本語と韓国語で熱唱。
また、飛び入りで南ソウル大学の男の子が、韓国の太鼓で参加してくれました。
しびれるひと時でした。

ライブも終盤に。
7曲目は、「レッツゴー WAKASA」
この曲は扶桑北中学のOBが作詞、曲KAZUさん。
もちろん全員で大合唱です。

そして、
8曲目、「自然の愛の中で」
でライブは終了。
なにか大きな絆の芽生えるひと時でした。


最後に扶桑北中学の皆さんがお礼の歌を合唱。
南ソウル大学のみんなとの距離がグンと近くなりました。

こんな気持ちの良いライブに参加でき感謝感謝。

のども渇いたので、はまかぜ通り商店街まで帰り、居酒屋さんでKAZUさんと打ち上げ。こちらも美味しく最高!
KAZUさんは人をつなぐ名人ですわ。


PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[06/25 ユメノナオキ]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。