忍者ブログ

2月8日(火)  

テレビでは、大相撲の話題ばかりですが、約30年ぶりの小浜巡業があっさり中止になってしまって、小浜市民はすっかりしらけております。

そんな話題より、昨日スーパーギタリストの訃報がありました。
今日はその話を。

GARY MOOREが亡くなったと、ツイッターで知りました。
もう30年ほど経ちますが、学生時代コンサートも見に行きました。

いつも、どうやってはくの?と不思議なくらいピチピチのスリムジーンズをはき、火を噴くようにギターを弾いていた。早弾きでも泣きのロングトーンでも超一級の凄いギタリスト。
顔がこわい系だからか、男のファンが多かった。

ハードロックとギターインストをミックスした全盛期。
そして、THIN LIZZY時代。
後半のブルーズ時代。
いつの時代もよく聞いたな。

昨晩は追悼で、

Back on the streets
を聞いていた。
1978年の作品。私が18歳。大学時代よく聞いた。
もちろんLPレコードです。

THIN LIZZYのPhilip Lynottがゲスト参加。この後THIN LIZZYにGARY MOOREが加入し、名作「Black Rose」がうまれます。

そんなわけで、シンリジーぽい曲と、ジェフベックばりのギターインストがミックスされた作品。
とにかく上手い!アマチュアロックギタリストはみんな憧れました。そして練習するも、
「そんなにはやく弾けないよ。あにき!」
と。

私はこのLPの裏ジャケの写真が大好きなのです。

隣にPhilip Lynottが写っているので(足なげーなぁ)THIN LIZZYのコンサートかと思いますが、
この写真のGARY MOORE、のけぞって弾いてます。
アマチュアロックギターリストは自宅の鏡の前で必ずこのポーズの練習をします。絶対。
ところが本人のけぞってますから鏡に映った自分を見れない。しかたなく顔をあげて鏡の中の自分が見えてくると、まちがいなくダサイ!
こんなにかっこよくのけぞって弾けるだけでも凄い。
そして私がこの写真で1番勉強になったのが、彼の右手です。
こんなに興奮状態でも、彼の右手はノイズが出ないように不要な弦をミュートしつつ、ボリュームコントロールをして最高のサウンドを出そうとしています。さすがです。名人芸です。

最近は彼のようにがむしゃらにギターを弾く人が少なくなりました。
「永遠のギター少年」という言葉がぴったりの
GARY MOOREのご冥福をお祈りします。

ユーチューブを探すとあるもんだ。すごいね。ちなみに、シンリジーのもう一人のギターリスト、スコットゴーハムは、どうしてシャンプーの宣伝に使わないのかと思うほど、きれいなロングヘアーのイケメンです。
それでは、アルバムタイトル曲のライブ映像です
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
[06/28 はまかぜ音楽理事]
[06/28 ひでぶ]
[06/27 はまかぜ音楽理事]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
56
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。