忍者ブログ

1月13日(月) emoji

今日は雪ですね。夕方から本格的に降りだしました。

しかし、お陰様で連休中忙しく仕事していました。

夜になり、ほっ!と一息、雑誌を買ってきました。



毎月買ってる「ギターマガジン」

今号は、ほぼすべてフェンダーストラトキャスターに関する話題で、思わずにやつきました(笑)

特集の一つに、

「4大ストラト・マスターの愛器をめぐる旅」

という記事があり、4大とは、

ジミ・ヘンドリックス

エリック・クラプトン

ジェフ・ベック

リッチー・ブラックモア

です。異論なし!

この中で若いころ大好きだったのが、リッチー・ブラックモアです。

でもこの4人で、ここ最近1番雑誌に登場しないのがリッチー・ブラックモアです。

という事で、久しぶりに彼の記事を読んで、このLPを無性に聞きたくなりました。



DEEP PURPLE     MADE IN JAPAN

日本盤のタイトルは「ライブ・イン・ジャパン」

このレコードはアメリカ盤です。ちょっとタイトルが違います。

で、話はもう1段マニアックになるのですが、

この作品2枚組なんです。

普通2枚組のレコードは、1枚目が、1面2面。2枚目が3面4面です。

私が何枚か持ってる2枚組のレコードはすべてそうなんですが、これだけ違います。

このレコードは、1枚目が1面4面。2枚目が2面3面なんです。

普通だと1度レコードを取り換えればいいのですが、このレコードは2回交換しないといけません。

毎回「なんでやねん!」と、いらつきます。

なんででしょう?

もう1段マニアックな話・・・

この作品が発売されたのは、1973年。

アメリカは月に人間を運んでるような時代です。なのにどうしてこんなじゃまくさいことをするのか?

じゃまくさい事ではなく、便利があるんじゃないの?

ありました(笑)


当時オートチェンジャーというレコードプレーヤーが人気だったんです。

私も使っていました。

どんなんかというと、



こんなんです。

今かかってるレコードが終わると、上のレコードがするすると降りてきて、自動で2枚目が始まるんです。

このプレーヤでは、1枚目が1面4面。2枚目が2面3面でないと続けてかけられないわけ。

アメリカ恐るべしです。

では、このアルバムの1曲目。あまりにも有名な曲を聞きましょう♫



Deep Purple     Live In Japan     Highway Star

Rock史上まれにみる名演のひとつです。






PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[06/25 ユメノナオキ]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。