忍者ブログ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



5月4日(木) emojiemoji 

初めて行った、

高槻ジャズストリート

は、想像以上に素敵なフェスでした。

何と言っても、お客さんが多い!

ほんと、あちこちで(63会場)ライブやってるのにどこも入れないぐらい満員。

今年で19年目と言うことで、お客様も出演者も育ってるんですね。

すばらしい。

詳しくはFBに書きましたので添付しますね♫


長いよ。
10年ぐらい前、あるおじさんが高槻ジャズストリートの新聞切抜きを私の所に持って来て、
「小浜でもこんなのやってくれ」
と言って帰って行った。
これが誰だったか思い出せない(笑)
商店街の人ではなかった。誰だろう?


その新聞記事の内容はなんとなく覚えている。
数人の市民から始まったもの。
ボランティアで運営されている。
商店街がこのイベントでかなり賑わっている。
日本で初めてのおおきなジャズフェスに育ってる。
そんな事が書いてあった。


その新聞切抜きをもらった時から、行かなくては。
と、思ってたんですがGWは忙しい。
こっちもイベントがあったり、仕事が売り出しだったり。
でも、今年のGWは音楽イベントが毎日のように予定されてたので、勢いで昨日行ってきた。


京都までドライブ。
途中、安曇川の河原は、テントと車で覆い尽くされていた。
スゲー人気。
そして対向車の多い事多い事。
目的地が小浜だと嬉しいな。


京都からは阪急電車で高槻へ。
電車の中が異常に汗臭かった(笑)
なので高槻の空気はうまかった!
電車のドアが開くとすぐに音楽が聴こえてきた。
「ジェフ・ベック」
ジャズフェスだけど、ハードロックに近いギターインストに私は大喜び。ますますテンションが上がる。
しかしギター上手い!ジェフより上手いかもしれない。と思うぐらい上手い。


Blue Wind
というバンドでした。
バンド名もジェフの曲名だね。


道を挟んで向かいのバス停でも演奏してる、祭りの山車がすれ違う時のようなもんですね。となりの音だだ聞こえ。


まずは「メガネの三城 阪急高槻駅前店」へ。

まじめでしょ?お仕事から入る。
現在の三城の社長さんはRock好き。
なのでお店がロックなメガネ屋さんに替わってきている。
このお店もそんな店構え。
RayBanのサングラスがすごく似合うお店だ。
そしてその前でジャズギターと女性ボーカルが演奏し、10名ほどのリスナーが周りを囲む。
これは理想的なストリートライブだわ。
ここのギターリストも上手いな~。


そして少し離れたメイン会場「高槻現代劇場」まで歩く。
高槻は初めて来たけれど歩道は人、人、人で、勝手についてけば会場に着いた。
しかし道中悪魔がいっぱいいた。京都まで車で来たことを悔やむ。ほんとアルコール販売の露店ばっかり(笑)


高槻現代劇場では、仲間がTシャツ販売やドアマンのボランティアをやっている。
当然Tシャツを買う。
これがこのイベントの重要な資金源なので買おう!
会場は超満員で入れない。ドアマンが仲間でも入れてもらえない。。。
しかたないので隣の会場へいく。
TWO-PHASE
というバンドがご機嫌な演奏をしていた。
ロベン・フォードの曲じゃん。こっちの方がいい(笑)
最後なんて、カントリーフュージョンとでも言いたい超速弾きカントリーギターがさく裂してました。
ギターうまいわ~


ここでひとつ心地よさに気が付く。
1時間単位で全会場ライブが動いてるので、なんかわかりやすい。45分演奏。15分移動。みたいなリズム。
で、高槻現代劇場の大ホール前に戻ると、隣の神社から豪快なドラムが聴こえてきた。
ガイドブックで調べると、東原力哉さん!さすが!!
そんな演奏を聴きながら、ボランティアを終えたふたりと合流して、1番の目的会場へ。


桃園小学校校庭。
ここはFMCOCOLOのステージ。もちろん野外。呑める食べれる。やはり野外がいいね~
まずは会場後方で場に慣れて、



The Global Jazz Orchestra feat.宮崎隆睦(T-スクエアー)&小柳淳子
の時に前の方に移動。かなり端でスタンディング。
このビッグバンド上手いわ。リズム隊がいい。
宮崎さんのサックスはやっぱりキレが違いますね。
メッチャ気持ちよかったのが、サックス4本のソロ。
ダーティーダズンブラスバンドを思い出すノリの良さでした。


さて、次は南佳孝さん。
こりゃ~おおものだ。お客さんも凄く増えてて、だんだん端から中の方に動かされる。満員電車並みになってきた。
ナイロン弦のギターで弾き語り。
歌詞、歌唱力、ギター演奏、さすがのものですね。
そして大ヒット曲があるのはいいもんだ。
6月の大阪でのライブの宣伝をされましたが、ドラムが鶴谷さんだった。なんか南さんと親近感を持った(笑)


いよいよ、今日の1番の目的だった、


SHIHO with 桑原あい Trio
日頃おこないのいい私たちの為に、神様が最前列にスペースを作ってくれた。突入に成功。
隣のおじさんもいい人で、自分の敷物に私たちを座らせてくれた。
そして、
「私もギター弾くんでCD作った」
とカバンの中からCDを出してきた。
シロート・チアリという芸名だった。
それを見た瞬間から話すのやめた(笑)
さて、SHIHO with 桑原あい Trio
SHIHOさん、バンドでのライブがすごく嬉しそうだった。
ベースが森田悠介さん、ドラムが大槻"KALTA"英宣さん。
このリズム隊もなんかすごかった。
そしてピアノの桑原あいさん、目の前で演奏されてましたが、小さな体全身使っての演奏が凄かった。楽器は違うけど横田さんのギターと近いものがあるぶっ飛びぶりですね。
そしてきれいなおふたり、牧山純子さん(バイオリン)とシャンティさん(ボーカル)もゲストで加わり、それは華やかでございました。近くでほんと良かった。
またSHIHOさん小浜によびたいね~。


さて、話は最初に戻り、
「小浜でもこんなのやってくれ」
と頼まれ約10年。
10年前よりだいぶ良くなった。と思う。ライブは凄く増えたし。プロも来てくださるし。
そして1番ジャズフェスに近いのが、
「ワカサ・カンターレ」
という音楽イベント
今年は9月30日(土)に開催します。
もう予定に入れておいてくださいね。
終わります♫





PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
59
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。