忍者ブログ

3月8日(金)  



なんかもやもやしていますね。
花粉もPMも黄砂もきてますね。外出したくない・・・

現在の状況はここをクリック!

午後4時では基準値を超えている小浜です。

やれやれ。

こんな日は部屋で音楽を聴きましょう♫


最近、テレビの音楽チャンネルやラジオでよく出てくるのが、


若いな!

カルロス・サンタナ


彼がまもなく来日公演を行うからです。

プロモーターのウドーのホームページには、

全世界でアルバム・セールス1億枚突破!
第42回グラミー賞9部門制覇の偉業を達成した"情熱のギタリスト"来日40周年記念公演!


そーなんです。1973年に来日しています。その様子がライブアルバムとして翌年発売されました。

さすがの私も中学生でしたので、ライブにはいけませんでしたが、かなりおじさんになってから中古レコードをゲットしました。



邦題「ロータスの伝説」
なんとLPレコード3枚組!

かなりおじさんになってから買った原因がここにあります。
普通のレコードでも中学生には、年に数枚しか買えませんでしたから、3枚組なんて最初から除外です。
レコードジャケットには、6,300円と書いてあります。1974年の6,300円は今だといくらぐらいの感覚かな?

という事で、かなりおじさんになってから、中古レコード店で見つけて即買いました。

800円でした(笑)サンタナさんすいません。まあ1億枚も売ってるからいいでしょう。何枚も新譜でレコードやCD買いましたから、許してもらいましょう。

さてこのレコード、3枚組なので、レコードジャケットなどにも力入っていますよ。



レコードジャケットの内側はこんなデザイン。

当時も話題になりましたが、横尾忠則さんのデザインです。

ほかにも、








こんな芸術作品と言っていい、曲やメンバー、スタッフの紹介が入っています。

このレコードの欠点は、収録時間が長いので、最初から最後まで通して聞いた事が無いこと。
3日かけて1枚づつ聞いたりよくします。

カルロス・サンタナのギターは、音を聞いたらすぐわかる個性が凄いですね。ほんとすぐわかる♫

最後は最近のサンタナのライブ





PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[10/22 はまかぜ落語兄さん]
[10/22 nishi]
[10/11 やん愚]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。