忍者ブログ

11月6日(金) emojiemoji 

久しぶりに音楽夜話♫

マニアックな話。

こんばんは、Barrelのリハでした。



久しぶりに、ギブソンのファイアーバード。

もともとのPUが気に入らなかったので、ノーマルハンバッカーPUに替えてます。

1弦の音が小さくて嫌だったんですわ。

昔、バーニーのエクスプローラーモデルを持ってて、マホボディー+ハンバッカーPUの音がお気に入りだったんです。

親戚の子がギター弾きたいということでプレゼントしたんですが、もう20年ぐらい前の話。

でも、いまでもあのギターの音を思い出します。

コンコンした音。

オールマホの音です。

ファイアーバードはスルーネックなんで、少し違いますが、オールマホの音は好きです。



さて、CDを2枚買いました。

偶然ですが、JOHNという名前の人。

皆様はJOHNというと誰を連想しますか?

JOHN LENNONが1番に来そうですね。


今回買ったのは、

JOHN PIZZARELLI



JOHN SCOFIELD

どちらもJAZZ系のギターリスト。

JOHN PIZZARELLIはお父さんもJAZZギターリストで、2人とも7弦ギターを弾きます。

JAZZだからフルアコのね。

そして歌も歌います。

JAZZ系の男性ヴォーカルは、彼ぐらいしか聴かないかもです。

以前ビートルズのカバー集を出してて、みごとなJAZZアレンジとバカテクギターにぶっ飛んだのですが、この新譜は、ポール・マッカートニーのカバー集。

SILLY LOVE SONGSで始まり、MAYBE I'M AMAZEDで終わる作品。

ウイングスやソロ時代のポールのカバーはなんか新鮮ですよ。


ジョンスコは、近年JAM系のサウンドがお気に入りで、ウッドブラザースとの作品とか、前作はニューオリンズファンクなものでした。

今回はもろJAZZです。と、雑誌のレビューに書いてあったので、逆に興味を持ちました。

オウトフレーズと言って、曲のキーに合わない音だけどかっこいいフレーズを弾くギターの第一人者です。

もろJAZZですが今の音ですよ。

これぐらいギターを弾きたおしたいな。


さて、音楽です♫

最初に戻りBarrelのリハ。

ヴォーカルがこれしたいと言いました。



ギターいい音やな





6
PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








[06/25 ユメノナオキ]
[05/11 はまかぜ音楽理事]
[05/10 ほったけ]
[09/29 はまかぜ落語兄さん]
[09/29 ちろり]
[09/28 ゆ乃月]
[06/30 きっしゃん]
HN:
H.Kinoshita
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1960/06/02
職業:
めがね屋さん
趣味:
音楽
自己紹介:
福井県小浜市はまかぜ通り商店街の、「はまかぜライブ」など、音楽の話題を中心にしたブログです。